• 本当は、田舎に庵を建てて隠遁生活したいけど、先立つものも無いので自宅で..。

新着情報

受動素子の特性測定(コイル)

次にコイルです。 T50-6に25回巻きです。 インダクタンスは、LCRメータでの測定で2.4μHでした。 68.6MHzあたりで、自己共振が見えます。 7MHzでのRealZは、VNWAの入力インピ ...

続きを読む

受動素子の特性測定(抵抗)

フィルターの測定でシミュレーション結果とあまりにも違う結果が出たので、ベクトルネットワークアナライザ(VNWA)の測定自体を見直してみようと思います。 VNWAを使用し始めてから随分と経つのですが、S ...

続きを読む

Double Tuned Circuits

受信機の前段に使用するバンドパスフィルターである、DTC(Double Tuned Circuits)の実験です。 回路定数は、EMRFD(Experimental Methods in RF Des ...

続きを読む

4:1Un-Unの特性評価

コア材  あまり深く考えないで、#43材を使用したが「トロイダルコア活用百科」の特性表を見ていみると、使用周波数が50MHzまでと考えると、#43か#61がよさそうです。 手元には#61材がないので、 ...

続きを読む

ワイヤーアンテナのマルチバンド化(2)

ローディングコイルを挿入して、ワイヤーアンテナのマルチバンド化をしていましたが、コイルを挿入したり、スルーしたりと切り替えが必要でした。 今回、MMANAでかなりいい加減にアンテナインピーダンスのシミ ...

続きを読む

アンテナインピーダンスを算出する

MMANAを使って、アンテナインピーダンスを算出してみました。 モデルは、相当いいかげんです。 計算結果と実測(これも相当いいかげんです。)を比べてみました。 うーむ.. 一応、マッチング範囲を計算し ...

続きを読む

ATU(FC-40)のマッチング範囲推定(2)

実測したアンテナインピーダンスを用いて、ANT→送信機(50Ω)の方向へ解析してみました。 7MHzの結果です。 中央の緑の円は、SWRで内側が1.5、外側が2.0です。 パイ回路では、swr=1.0 ...

続きを読む

アンテナインピーダンスを実測する

アンテナアナライザー(VA1)を使って、ワイヤーアンテナのインピーダンスを実測してみました。 全長約10mですが、正確には測定していません。 1.9MHz R=401Ω X= -374Ω3.5MHz  ...

続きを読む

ATU(FC-40)のマッチング範囲推定(1)

YaesuのFT-40の薄っぺらなマニュアルには、回路図が添付されています。 この回路図を見ると、2種類のマッチング回路を切り替えているようです。 そして容量の変化は、8種類のコンデンサは並列に、9種 ...

続きを読む

ワイヤーアンテナのマルチバンド化(1)

我が家のアンテナは、2階のベランダに建てたイレクターパイプで作製した短いポールと、猫の額ほど広くない庭にある植木の間に張った約10m程度のワイヤーです。 そのワイヤーにYaesuのFC-40というアン ...

続きを読む